がん患者の希望であるフコイダンに期待されているがん治療の効果とは

がん患者の希望であるフコイダンに期待されているがん治療の効果とは

健康にさまざまな良い影響があるとして知られているフコイダン。

 

そのフコイダンががん治療にも効果を発揮していることをご存知でしょうか。
今回はその点についてお伝えしたいと思います。
フコイダンにはアポトーシス作用があるとされています。

 

これにはがん細胞を自滅させる働きがあり、しかも良い細胞には影響を与えません。

 

フコイダン治療は、手術治療、放射線治療、抗がん剤治療とともに行われます。

 

低分子フコイダンを用いた治療が、効果が期待できるようです。

 

フコイダンを用いた治療で重要なのは、その吸収率です。

 

体の細胞が吸収しやすい大きさにするために低分子・超低分子のものを用いるとよいでしょう。

 

乳がん手術を行ったある女性は、同時にフコイダンを摂取し続けたことが早期回復につながったと述べています。

 

さらにがんの専門家である吉田医院(大阪市淀川区)の吉田年宏院長は、フコイダンを用いたがん治療に取り組んでいます。

 

その治療は、約2週間から1か月で効果が実感できるそうです。

 

しかし吉田院長がおっしゃっていることによりますと、あくまでフコイダン治療は西洋医学を補うものであり、それにとって代わるものではないということです。

 

ガンの種類やどの程度進んでいるかによって摂取方法は変わってきますので、まずはその専門家に相談してみるとよいでしょう。

 

もしがん治療を行わなければならなくなったとしたら、ぜひフコイダン治療について思い出してみてください。